「Clubhouse(クラブハウス)」は婚活向き?出会いを活かす裏ワザを伝授!

「Clubhouse(クラブハウス)」は婚活向き?出会いを活かす裏ワザを伝授!

音声で交流する新しいSNSアプリ「Clubhouse(クラブハウス)」が、男女の出会いを生むツールとして注目を集めています。

マッチングアプリではないにも関わらず、若い世代を中心に、出会い系や婚活系アプリのように活用されているというのです。

そこでこの記事では、クラブハウスにおける出会いを目的とした使われ方について紹介し、交際につなげるための裏ワザを伝授しています。

クラブハウスが出会いのツールとしておすすめの理由や、今後婚活市場として発展していくための課題などについても取り上げていますので、これからクラブハウスを使ってみようという方はもちろん、すでに登録している方も参考にしてください。

クラブハウスでの出会いの実態は?

クラブハウスでの出会いの実態は?

クラブハウスはまだ黎明期のアプリですが、すでにさまざまな用途で使われています。
ここでは、現在のクラブハウスにおける恋愛を目的とした出会いの実態について紹介します。

すでに出会い系アプリと化している?

クラブハウスはもともと恋愛を目的としたアプリではありません。
今のところ、起業家やIT関係者がビジネス上の交流を求めて使用しているケースが目立っています。

しかし、若者の間ではすでに、クラブハウスを出会い系アプリととらえている人が多く、「クラブハウスで知り合ってリアル(現実の世界)で会う」という流れができつつあるようです。

こうした流れが加速すれば、それを嫌って退会する人が多数現れると考えられ、今後クラブハウスがどのように使われていくのかは、利用者次第といえそうです。

出会いを求めて合コンが花盛り

クラブハウスでは現在、合コンがあちこちで開催されています。
今はまだ大多数の人が好奇心と興味本位で参加しており、ゲーム感覚で合コンを楽しんでいるようです。

クラブハウスの画面には、さまざまなタイトルを掲げた「room(ルーム)」と呼ばれるチャットスペースがいくつも表示されています。
例えば、「【300人目標】クラブハウス合コン!」といったタイトルのルームがあれば、興味のある人が続々と入ってきます。

入室すると画面に入室者のアイコンが表示され、そのアイコンをタップすると、その人のプロフィールが現れる仕組みになっています。

プロフィールには自己紹介文のほかに、インスタグラムやツイッターなど、その人がやっているSNSのリンクが貼られていますから、見に行くこともできます。

気になる異性がいれば「フォローする」をタップします。
互いにフォローし合えば、2人きりで入室できる鍵付きの部屋へ行って会話することが可能になります。

こうして、実際の合コンのように、始めは複数の男女でトークを交わし、意気投合した相手と別の場所へ抜け出して2人きりで話す、というのがクラブハウスで行われている合コンの概要です。

ただ、実際の合コンと違うのは、2人きりで話した後再び合コンルームに戻り、別の相手とまた鍵付きの部屋へ行って話す、ということが繰り返し行われる点です。

男女とも遊び感覚で参加しているせいか、相手を取っ替え引っ替えして会話を楽しんでおり、ほとんどの合コンにおいて、鍵付きの部屋にいられる時間を5~10分程度と制限を設けています。

現在のところ、クラブハウスでの合コンは、真剣な婚活の場とは程遠い状況といえます。

元カレ・元カノと再接近

先に述べたように、クラブハウスでは、軽い知り合い程度だった人と交際するようになった、ということがよく起きています。

同じように、クラブハウスを通じて以前交際していた人との恋が再燃した、というケースも多く見られます。

元の交際相手と共通の趣味を持っていたり、興味や関心を抱いている分野が同じであったりするとこうした事態は起きやすく、その分野に共通の知人がいれば、なおさらクラブハウスにおける遭遇率は高まります。

興味のあるテーマのルームに入室するとそこに元交際相手がおり、発言を聞いたり雑談を交わしたりしているうちに、なんとなくまた交際が始まるというパターンが多いようです。

マッチングアプリとは異なるからこその出会いに期待

クラブハウスはマッチングアプリと異なり、恋愛や結婚を目的としておらず、利用者の多くはビジネスや趣味の分野での交流を楽しんでいます。

クラブハウスには、「好きなアニメを語る部屋」「次世代韓流スターを紹介」「今の政治にモノ申す!」など、さまざまなテーマのルームがあります。
興味のあるテーマのルームに入室するのですから、その部屋で出会う人たちは皆「同好の士」です。

共通の話題で盛り上がって意気投合し、交際に発展するというのは、誰が考えても納得できる、ある意味恋愛の王道パターンといえます。

クラブハウスを通じた出会いは、マッチングアプリと異なり、最初から交際や結婚を前提としていないからこそ、かえって恋愛に結びつくのかもしれません。

クラブハウスの出会いを婚活に生かす裏ワザとは?

クラブハウスの出会いを婚活に生かす裏ワザとは?

クラブハウスを通じて出会った「気になる人」と交際するようになるには、どうすればいいのでしょうか。
ここでは、クラブハウスでの出会いを婚活に活用したいと思っている方に向け、アプローチの裏技を紹介します。

決め手になるプロフィール写真

クラブハウスは音声SNSですが、プロフィールには写真が掲示されます。これは唯一の視覚情報といえ、婚活や出会いを目的とする方にとっては、大切な武器となります。
プロフィールの載せる写真は、自然な笑顔の写真にしましょう。
不自然にならない程度に、多少「盛る」のはアリです。

自己紹介文はわかりやすく

プロフィールの自己紹介文は、わかりやすく簡潔に書きます。
箇条書きでもいいですが、箇条書きはやや硬く冷たい印象になってしまうので、柔らかい文章にするのがいいでしょう。

インスタグラムのDMがポイント

プロフィールにはインスタグラムやツイッターなどのリンクを貼っておきます。クラブハウスにはDM機能がないため、ルームで話した後は、これらのSNSのDM機能を使って、メッセージのやり取りをすることになります。

できればツイッターよりも視覚に訴えられるインスタグラムをおすすめします。音声SNSでは伝わりづらい部分を画像で補えるからです。
インスタグラムには、普段の暮らしぶりがわかる画像を載せておきます。

ルーム内での生の声による交流に加え、プロフィールやインスタグラムの写真で、よりリアルな自分の姿を知ってもらうようにしましょう。

軽い知り合いと距離を縮めるにはDMを有効に活用

現在、積極的にクラブハウスを利用しているのは、若手IT企業家など、いわゆる「意識高い系」と呼ばれている人たちです。
このような人たちと「軽い知り合い」の女性が、意識高い系の人をターゲットに婚活したいと思ったら、ルームで相手のトークを聞いた後、すかさずラインやツイッターのDMでメッセージを送るようにしましょう。

この時「クラブハウスでトークを聞いたけど、すごいね。とても良かった」などと相手の自尊心をくすぐるようなメッセージにするのがポイントです。
婚活アドバイザーによると、こうしたメッセージに対し、意識高い系の男性はたいてい返信メッセージを送るそうです。

2人の距離をグンと縮めるには、クラブハウス内での話を聞き、DMでメッセージを送るのが有効といえます。

積極的にフォローを

ルームで気になる人がいたら、その人を必ずフォローしましょう。
フォローすると、その人がルームを立ち上げたり、どこかのルームに入室したりした際、おすすめとして表示されるようになりますから、気になる人と再び出会える率がうんと高くなります。

スピーカーになった時の自己紹介に注意

ルームでスピーカー(=発言者)になった時、自己紹介を求められることがあります。
その時は、要点を簡潔にまとめ短めに話すと印象が良いようです。
ルームにもよりますが、発言する時間は20秒~30秒くらいがいいといいます。

何をどうしゃべったらいいか、突然だとあまりうまく話せないかもしれないので、事前に台本を用意しておくのがおすすめです。
クラブハウスならカメラがないので、台本を見ながら話せます。

相槌や間にも気を配って

クラブハウスは音声だけで交流するので、話し方や声のトーンだけでなく、相槌の打ち方や間の取り方といったものにも、その人の個性が表れます。

こうしたら良いという正解はありません。
クラブハウスをたくさん聞いているうちに、自分にとって好ましい話し方や間の取り方をする人が見つかるので、真似をしてみるところから始めてはいかがでしょうか。

会話は、リアルな男女交際の場においても非常に大切です。
クラブハウスを会話の練習台として使ってみることをおすすめします。

クラブハウス婚活への期待と課題

クラブハウス婚活への期待と課題

ここでは、クラブハウスが今後本格的に婚活対応するなら、どういった点に期待し、またどういった点が課題となるかを見ていきます。

不正の抑止力として期待される完全招待制

クラブハウスは完全招待制のSNSです。
誰に招待された人物であるか、招待者の名前が「Nominated by○○」と画面に表示されます。
そのため、招待した人にもされた人にも双方に責任が生じ、不正な行為に対する抑止力となっています。

中には招待者が表示される現行システムを煩わしく感じる人もいるようですが、真剣に出会いを求めて婚活する人にとっては、招待者が身元保証人のような役割を果たすことになるので、利点となるのではないでしょうか。

完全招待制による安心感と、無料で参加できる気軽さが、新たなる婚活市場への活路を開くものと期待されています。

相手が独身者とは限らない

クラブハウスを婚活に利用する際の最大の課題は、相手が独身者か既婚者かわからない点です。

クラブハウスにはさまざまなテーマのルームがあり、未婚・既婚に関係なくルーム内で交流を図るため、気になる相手が独身とは限りません。

婚活の場としてクラブハウスを利用するなら、プロフィールに「婚活中」とか「独身」とか「彼氏・彼女募集中」などと書いておくといいかもしれませんが、不特定多数が一気に集まってしまい、収集がつかなくなる可能性もあります。

現在のようなゲーム感覚の合コンルームではなく、結婚相談所のような婚活のプロが本格的な婚活ルームを立ち上げ、音声を通じた集団お見合いのようなパーティを開催すれば、状況は変わるでしょう。

クラブハウスの今後の発展に期待

クラブハウスにおける恋愛を目的とした出会いや婚活について紹介しました。

今はまだ遊び感覚の合コンが主流ですが、クラブハウスは本格的な婚活市場の一翼を担う可能性を秘めています。今後婚活の形態に大きな影響を与える存在になるかもしれない、クラブハウスの発展に期待したいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ